酒飲みの夫

MIX46050

いろいろな助言も得ることができます。
飲む行為を無視する‐酒を飲んでいる時は、そのことで口論したり、酒を取り上げるなどといったことは一切しない方がよろしいでしょう。飲み過ぎで招いた結果の責任は、夫自身に負わせ、〈救い〉の手を差しのべないことです。
虐待行為を避ける‐身体的、精神的虐待に至る可能性を示す兆しを手早く見抜けることが大切です。そして、その危険を感じたら、速やかに、その場から離れます。たとえば、ドアを強く閉める、大声を出すなど。また、〈アル中〉患者によく見られる行動の特徴などをよく知っておくことも大切です。
いざという時に避難できる場所、一時的に滞留できる相手をあらかじめ決めておく方がよろしいでしょう。たとえば、親戚、友人など。そして、飲み出した時に、それをただ無視できず、手や口を出してしまいそうと思う時には、直ちに、家を出るべきです。とくに、子供がいる場合は、子供を連れて出ます。夫が暴力を振るうようなことが多い場合には、家を出ることを予め告げたりしない方がよろしいでしょう。
仲間によるプレッシャーを加える‐友人、家族、その他の協力者などが力を合わせてアプローチした方が、独りでやるよりも夫に治療を受けさせるチャンスが高いことが、さまざまな研究により明らかです。
これらのプログラムの実施とともに、近くの〈アル中〉患者治療センターを訪ねて、相談なさることをすすめます。これらの方法や、その他のやり方を教えてくれるはずです。

参考:結婚相談所の比較k.net


Category: 結婚

異性に心が惹かれるとき

FH034_L

そもそも、相手の男に妻子があるかどうかも確認をとらないで深い関係になるなんて、軽率で愚かと言わざるを得ません。また、やれ背が高いの彫りが深いのと、表面的なルックスだけで深みにはまるのも没知性的です。異性に心が惹かれるとき、ルックスもまた一つの要素をなすのは、いなめないことですが、しかし、それ以外の相手の性格・気質や生活能力、それらを総合した人柄、さらに価値観や人生観といったものを判定要件としなくてはなりません。今後は、相手の身元を確かめるとともに全人的に観察し、”愛の知恵”を働かせるよう忠告します。知恵が働かず欠如していたのでは、動物の交換とたいした変わりはなく、結
婚の幸福は縁遠いものとなってしまいますよ。

マリオンの場合
夫は〈アル中〉です。自分では開めませんが、友人たちも彼は異常だと腿めています。毎晩グラスに五、六杯飲みますが、飲んだ後に彼のパーソナリティーが変わってしまいます。
酒を仕事の悩みの吐け口にしているのです。
酒飲みの夫に悩みつづけてきたマリオンはこう訴えます。
「ここ十年間、認めるのを拒んできたんですが、夫は〈アル中〉なんです。もう、その事実から逃げることができなくなったんです。夫は自分が〈アル中〉だとは認めませんけど、夫の友人たちも、彼は異常だと認めています。だいたい、毎晩、グラスに、五、六杯は飲みますね。飲んだ後に、彼のパーソナリティーが変わっちゃうんです。酔いつぶれることが、月に一、二度はあります。仕事の悩みの吐け口をお酒に求めているんです。私が口をはさみますと、〃おれはいつでも止めたい時に止められるんだから口を出すな〃って、偉そうなことを言うんですけどね……」

出典:

Category: 結婚

酒に溺れる機会を少なくする

FH031_L

〈アル中〉の夫(妻の場合も)に、その問題で対決することほどむずかしいものはありません。これから記すプログラムは、〈アル中〉の家族の方々の苦悩を和らげるのに役立つものです。また、治療を受けさせるチャンスを高めるのにも効果があります。〈アル中〉の夫を抱えている妻は、どうすることもできずに、けつきよくは、別れた方がいいのではないかと考えてしまうことが多いのですが、別れずにできる方法を提示するのがこのやり方です。
ところで、いずれは気がつかされることなのですが、〈アル中〉の夫を〈アル中〉から救うことは当の本人自身の他は、だれにもできないということを、まず念頭において、次のプログラムをよく検討してみてください。
”飲まない”状況の強化‐酒を飲んでない時に、〈飲まない〉状況を強化する行動、活動に誘う。
たとえば、夫が喜ぶ食事を用意する、セックスを求めるなど、とにかく、彼のエネルギーが消費されるような、喜んで参加できるような活動に誘うことです。
他人と交わり、競うような状況に誘うl子供たちとピクニックに行く、酒を飲むチャンスが少ない集団の活動に参加するなど。また、競技活動に参加することも、酒に溺れる機会を少なくするのに効果があります。

世話をしなければならなくなる状況から遠ざかる‐酒飲みの相手をさせられたり、食べ物を用意させられたりといった、夫の酒飲みをサポートし、世話をするような活動から遠ざかることが望ましいでしょう。そのために、夫が酒を飲み始めたら、家にいないで、外の用事を見つけて、家を出ることです。〈アル中の夫の世話をする〉役割から、脱皮できないのが、〈アル中〉の妻の大きな問題です。
外からのサポートを求める‐〈アル中〉の妻をサポートするための団体がいくつかありますが、それらの団体とかかわり、集会に出席し、サポートを得るのが望ましいと思います。

参考:

Category: 結婚

体をかばいすぎないで

FH033_L

このころまでくれば、あまり体をかばいすぎて動かないよりも、体を動かして気分も晴ればれしているぐらいのほうがお産にはよいようです。1日訓分ぐらいはおなかの中の赤ちゃんといっしょに散歩を。
産道が軟らかくなりますので下着は清潔に。いつ入院になってもいいように1日1回はシャワーを浴びるか、入浴を。爪も髪も切っておきましょう。

●予定日超過しても大丈夫●
予定日をすぎてもお産の徴候がないと心配となりますが、予定日というのは絶対のものではありません。前後2週間は正常な範囲ですし、月経が不順な人は、予定日そのものもあいまいなのです。最近は超音波断層法で胎のうや胎児を計測して、その大きさから、予定巳を修正することもあります。睡眠、休養を充分にとってrあなたの顔をみるのが楽しみよ」とか「好きなときに出ていらっしゃい」などと赤ちゃんに語りかけながら、毎日
を楽しくすごし、来だるべき日を待っていてください。

妊娠末期の気になること・心配なこと

妊娠末期に入るとふおなかの赤ちゃんの成長度合いはグッとスピードアップします。大きくなった子宮があちこちを圧迫して、いろいろな影響をおよぼします。出産までのわずかな辛抱です。食生活や生活全般を工夫することで、すごしていきましょう。

■腰が痛む
妊婦用のコルセットを使うと軽くなることもあおなかが大きくなるにつれて、たいていの人がります。腰痛を感じます。これは、体型が変わるにつれてこむらがえりをおこす体の重心が変わってくるため、腰や背中の筋肉に妊娠中期からおこるものですが、末期に入って負担がかかるからです。また、大きくなった子宮ますます胎児が大きくなってくると、子宮が神経が神経を圧迫したり、骨盤がゆるむことも原因しを圧迫して、こむらがえりがおきるようになります。

参考サイト:

Category: 結婚

健診のときに必ず医師に話しておき ましょう

FH032_L

■便秘をする
大きくなった子宮が直腸を圧迫するために排便しにくく便秘になりがちです。妊娠中は腸の動きも不活発ですから、野菜や海草類をよく食べて侭ぴ秘溌栃ぎましよう。

■痔になる
便秘がつづいて痔になることもよくあります。骨盤内の血管が大きくなった子宮に圧迫されるために肛門のまわりがうっ血して、ただでさえ痔になりやすいのです。そのうえ、痛くて排便しにくいために便秘がさらに助長され、便秘をした硬い便が痔を悪くするという悪循環に悩まされる人も少なくありません。
妊娠中の痔は、出産がすめばだいたい治るものですが、分娩のいきみで悪化することもあるので治しておきましょう。痔を防ぐには便秘を解消することが先決ですが、長時間の立ちっぱなしや正座、冷えなどを避けることも大切です。お風呂であたたまると血液の循環がよくなって、楽になります。

■外隆歸哩かかゆい
おりものが多いと、その刺激で外陰部がかゆくなることがあります。またカンジダなどによる膣炎をおこしていることもありますから、あまりかゆみがひどいときには、医師にみてもらいましょう。
■動悸かする
胸がドキドキしたり、息が切れることも妊娠末期にはよくあります。子宮が大きくなって心臓を圧迫すること、基礎代謝も冗進していて血液量がふえて心臓に負担がかかることなどが原因です。急に起き上がるなど急激な動作をしたときにおきやすいので、動作の始まりはゆっくりと。また、あお向けに寝てもおこります。上体を少し起こした姿勢や横向きで休むようにします。動悸は正常な妊娠でも末期になればおこりがちですが、高血圧や貧血が原因でおこることもありますので、健診のときに、必ず医師に話しておきましょう。

出典元:

Category: 結婚

結婚の禁止

すでにみたように、モルガンは、兄弟と姉妹の間の結婚の禁止という外婚制の芽生えをともなっていたプナルア婚家族に、氏族が発生する基盤を見いだ母権と父権華癖峠岬癖毯畭需細岬葬蛙長制という各要素をふくむ社会制度であり、父権制とは、夫方居住婚・父系制・家父長制という一連の要因から成立った社会体制を意味する。しかし普通には、母権制とは、母系制をとっている社会の秩序をいう。身分や財産が母系的に継承されると、それらの「権利」がひとえに母から与えられるので、母権という語が用いられたのだ。さて、妻方居住婚とは、すでに(三四頁)のべたように、結婚に際し夫が妻のもとに移り住む結婚で、逆に妻が夫のもとに移る嫁入婚を夫方居住婚とよぶのである。また家族内で妻と夫のいずれが権威を有しているかにより、家母長制と家母親と子供<メラネシアのトロブリアンド群島)父長制が区別されるが、妻が権威を有するといっても、あくまで相対的な意味においてであって、家父長制家族におけるように極端に蔑視されたり虐待されたりしないという位のことを示すものである。いう主でもなく、妻の地位は夫を他所から迎える妻方居住婚のもとで恵まれているが、それもあくまで家庭内の関係にとどまるものであって、社会的、政治的に女性が権威を専有するというような「女性支配」とか「女人政治制」とかいう現象は、承られない。母系制や妻方居住婚がとられる社会でも、酋長には、女性ではなくて男性がなるのである。(だが、一般的には、原始時代には、女性は男性とほぼ同等の社会的地位を有していたといえるであろう)。

FH034_L

Category: 結婚