健診のときに必ず医師に話しておき ましょう

■便秘をする
大きくなった子宮が直腸を圧迫するために排便しにくく便秘になりがちです。妊娠中は腸の動きも不活発ですから、野菜や海草類をよく食べて侭ぴ秘溌栃ぎましよう。

■痔になる
便秘がつづいて痔になることもよくあります。骨盤内の血管が大きくなった子宮に圧迫されるために肛門のまわりがうっ血して、ただでさえ痔になりやすいのです。そのうえ、痛くて排便しにくいために便秘がさらに助長され、便秘をした硬い便が痔を悪くするという悪循環に悩まされる人も少なくありません。
妊娠中の痔は、出産がすめばだいたい治るものですが、分娩のいきみで悪化することもあるので治しておきましょう。痔を防ぐには便秘を解消することが先決ですが、長時間の立ちっぱなしや正座、冷えなどを避けることも大切です。お風呂であたたまると血液の循環がよくなって、楽になります。

■外隆歸哩かかゆい
おりものが多いと、その刺激で外陰部がかゆくなることがあります。またカンジダなどによる膣炎をおこしていることもありますから、あまりかゆみがひどいときには、医師にみてもらいましょう。
■動悸かする
胸がドキドキしたり、息が切れることも妊娠末期にはよくあります。子宮が大きくなって心臓を圧迫すること、基礎代謝も冗進していて血液量がふえて心臓に負担がかかることなどが原因です。急に起き上がるなど急激な動作をしたときにおきやすいので、動作の始まりはゆっくりと。また、あお向けに寝てもおこります。上体を少し起こした姿勢や横向きで休むようにします。動悸は正常な妊娠でも末期になればおこりがちですが、高血圧や貧血が原因でおこることもありますので、健診のときに、必ず医師に話しておきましょう。

出典元:

Category: 結婚
Comments are disabled